FC2ブログ

4iD That's great!

Minecraftの回路とAVAの雑なグレポイントと適当にゲーム雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二段押し上げ式 門扉




二段押し上げ式の門扉です。
今回は幅5の門で作っていますが、好みのサイズに増減しても大丈夫です。

動画上げてから思ったんだけど、どちら側からも開閉できるタイプにすればよかったかなと。
じゃないと、T-FF使ってる意味がちょっと薄れるよね。
レバーでいいじゃん的な。

というわけで、わかりにくいかもしれないけど画像で解説してみます。

動画内のT-FFとは違う、このタイプを使います。
このタイプは、両面からINPUT出来て、なおかつ後ろからOUTPUTできるので、両面からONOFF切り替えしたい場合には重宝します。
ドロッパーが上下お互いの向きに合わさっていて、中にアイテムが1つ入っています。
dt-fftipe2.png

こんな感じで、両側からINPUTを受け付けます。
ボタンは見やすいように上に設置していますが、実際は壁の向こう側です。
gatewtff01.png

上への接続はこうなります。
OUTPUTから直接ピストンパルサーへ繋ぎます。
gatewtff02.png

下への接続はこうなります。
OUTPUTにトーチをつけて、一回NOTを挟みます。
そこからピストンパルサーに接続していますね。
gatewtff03.png

つまり、T-FFがONになるとピストンパルサーが伸びきった状態になって、下へパルスが流れます。
同時に、上のピストンパルサーは伸びたままの状態から伸びていない状態に戻ります。

T-FFがOFFになると、片方はNOTを挟んでいるので、その逆が起きます。

ボタンを押す毎に、上へパルス、下へパルス、上へパルス、下へパルス、という動きをしているわけですね。

  1. 2015/03/07(土) 10:00:53|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隠し階段




T-FFにABBAを繋ぐだけの、簡単省スペースな隠し階段です
隠しというよりも開閉可能な地下への扉という感じですが・・・。

回路のほぼ全てが、たったのこれだけ。
abbacom.png

リピーターロック型のABBA回路です。
地上からも地下からもここにアクセスできるようにT-FFを使っているだけですので、X-NORやX-ORが良い方はもちろんそれでも大丈夫です。

他にもボタン式にしてみたり、INPUTの方法は好きなものを使ってください。

  1. 2015/03/07(土) 09:28:56|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

複数の正解アイテムを入れると開くパスワード扉




複数の正解のアイテムを入れる事で開く扉です。
動画内では4種類のアイテムを入れる事で開くようになっていますが、列を増減させれば好きな数で作れます。

一度入る事が可能になった後、扉を入ってから閉めたい場合。
こんな機構を追加してみてください。
青羊毛の部分ですね。
itempass01.png

そしてボタンをここにくっつければ、扉通過後にラッチ回路を全てOFFにする事が出来ます(扉が閉まります)
itempass02.png

あくまでも条件達成後に最終的にANDゲートを通過し、その判定のON信号が扉を開くというわけですから、何も鉄の扉を使わなくても大丈夫です。

各々、好みの隠しピストンドアや隠し階段等に接続しても良いわけです。
鉄の扉の下のトーチを、それらのINPUTに接続するだけです。

他にも、間違ったアイテムを入れた場合リセットされる機構追加したり、まだまだ色々工夫したり改造できる余地がありそうですよね。
ラッチではなくてセレクターに接続してみるのも面白そうですね。

  1. 2015/03/07(土) 09:17:17|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一つの機構で2種類の扉 隠し地下扉&3×3スライムピストンドア




簡単なABBA回路を使った機構で、2種類の扉を作ってみました。
2つとも、同じ機構にT-FFを付けるだけで作れます。

3×3スライムピストンドアについてですが、T-FFは完全に地下に埋められましたね。
こちらの方が圧倒的に綺麗でしたね。
abbaslime.png

T-FFなので、ボタンではなく感圧板でも大丈夫です。

回路に関しては、どちらもABBAにT-FFをつけただけなので、特に解説はありません。


※15/03/05 追記
ABBA回路の遅延について。
動画内では、最大遅延のリピーター4つにしていますが、動きがぎこちないのでスムーズにする方法を記載しておきます。
abbaticks.png

画像の通りにしてみて下さい。
他は全て遅延1(設置した状態、デフォルトのまま)です。

  1. 2015/02/27(金) 05:53:29|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連続生産型 ポーション醸造機




自動で次のポーションを生産してくれるポーション醸造機です。
ボタン選択式なので、レバー式と違って素材を多く入れすぎてしまったり、入れ忘れるという事がありません。

うっかりしており、治癒のポーション(即時回復)を入れてしまいましたが、このままだと最後まで醸造できません。
コメントで教えて頂きました、Thanks!

というわけで、グロウストーンとレッドストーンの切り替えできるようにする機構を記載しておきます。

まずは、セレクターから1マス空けて、こんな機構を作ります。
これだけでもちゃんと動作はします。
potglow01.png

次に、レッドストーンランプを光らせて、選択している方を見やすくする機構です。
リピーターが1つ増えていますが、そこはパウダーにして繋がってしまった部分をブロックで切断しても大丈夫です。
わかりやすいようにリピーターにしました。
potglow02.png

セレクター、レッドとグロウの切り替え機構、火薬選択機構を全部作った様子。
あとはドロッパーの上にホッパーを繋げばOK!
potglow03.png

ボタンセレクターを使っている点、ポーションの材料の順番を正しく送る機構が前回よりもシンプルで簡単になっている点が改善点ですね。

  1. 2015/02/27(金) 05:45:50|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メモリ回路ver2 & 9段階レベル変更エンチャントテーブル



■材料
・レッドストーン … 34
・レッドストーントーチ … 2
・レッドストーンリピーター … 21
・レッドストーンコンパレーター … 11
・ドロッパー … 1
・ホッパー … 3
・粘着ピストン … 15
・感圧板 … 1
・本棚 … 15
・エンチャントテーブル … 1


ホッパーとドロッパーを使ったメモリ回路です。
それを使ってレベル変更エンチャントテーブルを作ってみました。
額縁不使用なので、PS3で動いてくれないかな?と期待を込めて作ってみました。

INPUTの回数分が強度として出力されるメモリ回路なので、純粋にメモリというわけじゃないのですが、同じように使う事ができるのでメモリという事にしました。
最大で8回までしか判別できないので、以前のタイプよりは拡張が利きません。
高さがやたらとありますが、広さ的には省スペースになっています。

わかりやすいように、メモリ回路全体を一直線にしてみました。
memoryver2.png

INPUTは、まずパルサー回路に入力されます。
本来はここにNOTをはさんでパルサー回路にするのですが、トーチを刺していないので、NOT pulseという事になります。
つまり、常にON状態ですが、入力があると一瞬だけOFFになるというわけです。

常にON信号が隣のホッパーに当たっているため、ホッパーからアイテムが流れない状態になっていて、一瞬のOFFによってアイテムが一つだけドロッパーに入るというわけです。

これで、ボタンを押したら剣が一つドロッパーに入るという動きになりました。
次に、ドロッパーがいっぱいになったら上に吐き出し、ドロッパー内を空にする機構です。

コンパレーターの横から強さ15を与えます。
すると、コンパレーターは後ろから強さ15以上にならないと出力しなくなります。
つまり、ドロッパー内にスタック不可アイテムが9個入っている状態が、その強さ15を出力できる条件なわけです。

その信号は遅延15を受けた後、クロック回路に入ります。
遅延によって、クロック回路はだいたい10~11回くらい点滅します。
その信号によって、ドロッパーの中身を全て排出させ、それがホッパーによって循環する、というのが今回の回路というわけです。

あとは、ドロッパーにもう一つのコンパレーターをくっつければ、そこからドロッパー内のアイテムの数分だけの信号強度となって出力されます。

信号強度が数回ごとに軽くズレがあって、ちょっと使い辛いのが難点です。
一回の入力でも強さ2の時と1の時があるのです。
コンパレーターやブロックをうまくはさんで、調整するしかないですね。


PS3版で動いて欲しいという事を想定したので、額縁コンパレーター不使用の、多段階レベル変更エンチャントテーブルを作りたいと思ったのがきっかけです。

ところで、最初のメモリ回路はPS3でちゃんと動作するのでしょうか?
それだけじゃなく、ちゃんとPS3版の仕様や挙動を知りたいですね。
BUDも、ちゃんと動作しませんでしたというコメントも頂いた事もあったので。

一応は解決策を提案してみるものの、それすらも合ってるのかどうかもわからない。

自分はPC版なので、原因不明で動作しないという場合があってもお許し下さい・・・。

  1. 2015/02/24(火) 02:05:58|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BUD石製造機




BUDを使った、広さ4×4サイズの石製造機です。
後半はスライムブロック不使用バージョンです。
動画内では粘着ピストンを使っていますが、普通のピストンでも大丈夫です。

つまり、後半のバージョンはスライムボールを一切使いません。
なので、サバイバルでもかなり序盤でも作れてしまうわけです。
レッドストーン20個くらい、バケツやピストン用の鉄6個くらい、あとは丸石を6個くらい焼いてリピーターを作ってしまえば簡単に作れてしまうわけです。
なので、覚えておくと便利だと思います。

スライム素材なしのBUDです。
最小BUDとやっている事自体は同じですね。
noslimebud.png


あとは簡単に石が出来る条件を記載しておきます。

水と溶岩が、真横同士でぶつかった場合。→丸石
stonegem01.png

溶岩の上に、水がかかった場合。→丸石
stonegem02.png

水の上に溶岩が垂れた場合。→石
stonegem03.png

なぞなぞで、上は洪水、下は大火事、これな~んだ?ってのがありましたが、その逆と覚えましょうw
ちなみに答えはお風呂らしいです。
昔は五右衛門風呂と言って、浴槽の下で火を焚いてお湯を沸かせていたからですね。
今じゃそんなのありえないから、よくわからないですが。

答えお風呂じゃなくて、やかんとか鍋とかその方がわかりやすい気がしますね・・・。

  1. 2015/02/24(火) 01:12:52|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隠しライト



■材料
・ピストン … 2
・粘着ピストン … 1
・レッドストーン … 4
・レッドストーントーチ … 2
・レッドストーンリピーター … 3
・レッドストーンランプ … 1
・レバー … 1
・ボタン … 1


簡単シンプルな隠しライトです。
ちゃんと動作しない場合があるので、その場合は場所を変えてみて下さい。

横バージョンの機構はこちら。
INPUTは、上のパウダーからです。
hiddlight01.png
hiddlight02.png

めちゃ簡単だけど、何故ブロックが入れ替わっているのか不明。
同じように動力を与えても、ちゃんと入れ替わる場合と入れ替わらない場合があって、回路的なロジカルさがない感じがして、正直あまりオススメできない機構。

回路開発していると、いまだに変な謎挙動ってチラホラある。
特に、レッドストーンパウダー設置時。
何故か音符ブロックが反応したり、ピストンがおかしかったり。

なんかそういうのを利用しているような気がして、個人的に信用度の低い回路。
まぁ、ライトくらいなら使っても大丈夫かな?
もし壊れて撤去しても、あまり損害がなさそうだし。

隠し作業台にもできるけど、正直作業台って隠す意味ないよね・・・。

  1. 2015/02/24(火) 00:51:12|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルチツールセレクター



■材料(各種ツールや装飾等は除く)
・レッドストーン … 18
・レッドストーントーチ … 8
・レッドストーンリピーター … 18
・レッドストーンコンパレーター … 6
・粘着ピストン … 8
・ドロッパー … 2
・チェスト … 1
・ホッパー … 1
・額縁 … 9


使いたいツールをセレクトするインテリアのようなものです。
これら以外にも、作業台や回路を内臓したりカスタマイズできます。

正直に言ってしまうと、なくてもいい。
なので、一種のインテリアみたいなものだと思って下さい。

今回の回路は、額縁コンパレーターの信号を出力とNOTで選択できるようにしたもの。
別パターンの機構はこちら。
hikakutype.png

額縁回転させた強度によって、1つを選択する機構というのは覚えておくと便利かもしれませんね。

今回の機構を上下に2つ取り付けて、粘着ピストンも上下にはさむようにつけると、移動する入り口!なんてのも作れそうですよね。
出来たところでどうなんだ・・・という感じもしますが。

  1. 2015/02/19(木) 10:36:04|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

任意設定可能なダイヤルロック式扉



■材料(1機構分)
・レッドストーン … 4
・レッドストーントーチ … 1
・レッドストーンリピーター … 1
・レッドストーンコンパレーター … 2


ダイヤルロック式の扉です。

1機構分の回路はこんな感じ。
passgate01.png

減算モードのコンパレーターは、後ろからの信号強度から、横からの信号強度を引いた分だけを出力します。
例えば、後ろから強さ4を与えて、横から強さ3を与えると、強さ1を出力します。

つまり、後ろ-横=強さ、なわけです。

今回の機構は、強さが1の場合のみANDゲートを通過するという機構です。
強すぎるとリピーターに信号が到達してしまって、ON信号がある状態になってしまうし、弱すぎるとコンパレーターが出力を許してくれないわけです。

そして、後ろ-横=1の時だけが例外で、トーチをOFFにしつつリピーターにも入力がなく、つまりANDゲート内がOFFになるので、その先のトーチがONでいられる、というわけですね。


この機構を思いついた時は、結構画期的じゃないかな!?と思って、急いで動画を取って編集してエンコード・・・とやったわけなんですが。
似たような機構や被っているものはないかな?と一応検索してみたら、実はもっと簡単で素晴らしい機構を、つい2日前にアップしている方がおりました・・・。

ニコニコ動画 【Minecraft1.8】ダイヤルロック式ドア

正直、圧倒的にこちらの方がシンプルだし非常に良い機構です。
回路はこんな感じ。
passgate02.png

相互にコンパレーターを接続し、あとは下のANDゲートを通過させるだけ、というすごくシンプルなもの。
こちらだと下の設定も可能なうえに、額縁の中身も同じでいいのでわかりやすい、しかも裏側に額縁を設置できるので回路内部を完全に隠した状態で設定ができます。

コンセプト丸被りしてる上に、自分の物よりも圧倒的に良いものが、まさか2日前にアップロードされているなんて・・・と、発見した時は正直絶望しましたw

しかし、劣化版だとしても一応この機構は他に使えるかもしれないし、似たような動作をするものでも、たくさんパターンを知っておく事は意外と重要な事だったりするので、泣きながらアップロードしました。
コメントで褒めてくださった方に助けられました、本当に感謝です。


しかし、本当にいろんなパターンを知っておくというのは、回路開発ではとっても重要な事です。
小型化にもつながるし、1パターンだけだと信号が干渉してしまってうまく動作しない問題を解決してくれたりもします。

回路開発用ワールドに、いろんなパターンの回路が並んでいるのを眺めるのも、意外と面白いですし。

  1. 2015/02/19(木) 10:21:06|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

wheel350

Author:wheel350
Twitter @teamgamemode

最新記事

カテゴリ

Minecraft (57)
AVA (56)
BLACK SCENT (10)
AIRPLANE (3)
ASLAN (10)
DUAL SIGHT (6)
HAMMER BLOW (3)
FOX HUNTING (3)
CANNON (2)
INDIA (4)
RADAR (13)
FACTORY (2)
その他 (0)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。