4iD That's great!

Minecraftの回路とAVAの雑なグレポイントと適当にゲーム雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カーペットチェンジャー



■材料(広さ5×6分)
・レッドストーン … 47
・レッドストーントーチ … 6
・レッドストーンリピーター … 7
・レッドストーンコンパレーター … 6
・レッドストーンブロック … 2
・粘着ピストン … 4
・ピストン … 24
・ホッパー … 8
・大釜 … 1
・ボタン … 1


ボタンを押すごとに、カーペットを替えて部屋の雰囲気を変える装置です。
好みのサイズに拡張可能です。

まずはINPUTから。
トーチが2本連なっています。
これでボタンを押すと、一瞬だけOFFになります。
NOT pulseですね。
notpulsesll.png

これを、相互ホッパーの上に乗せます。
hoppertff.png

これで、ボタンを押すごとに中のアイテムが交互に移動するわけです。
一見T-FFのように見えますが、これどこかで見覚えがあると思いませんか?

実はこれは、デジタル時計の時に使ったホッパーカウンターのミニ版です。
2つ分のカウンターがこれ。
小さいカウンターをT-FFのようにして使っているわけですね。
これによって、左右交互に信号を送っているのです。

そして、この信号を今度は遅延回路に送ります。
有名な遅延回路です。
別名ピブピ回路なんて呼ばれ方もします。
pibupi.png

相互ホッパーの中身の量によって、出力の長さを変えられます。
ちなみに、これと同じ事をピストンではなくドロッパーでも出来ます。
droppertien.png

やっている事は全く同じです。
音的にガチャン!がいいか、カチッ!がいいか、の差くらいしかありませんが。

2つの遅延回路を相互ホッパーを使ったクロック回路に繋げて、心臓部の完成です。

面白い事としては、同じ相互ホッパーを使って3種類の機構を作り出せている事。
相互ホッパーのT-FF(カウンター)、相互ホッパーの遅延出力、相互ホッパーのクロック回路。

ホッパーとドロッパー、そしてコンパレーターがいかに画期的で有用かという事がわかります。
これらによって回路がものすごく小型化し、小型化した事で組み合わせが容易になり、出来る事も増えたように感じます。


※15/03/20 追記
広さ10×10で作ってみたところ、床部の最後のパウダーを伸ばす部分ですが、信号強度が足らないためリピーターを一つ追加する必要があります。
そして、その場合の遅延回路の中身は28個と30個でした。
広いサイズで作られる方がいるかもしれないので、参考までに記載しておきます。

スポンサーサイト
  1. 2015/03/19(木) 23:08:57|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ボタンパスワード扉



■材料(6列分)
・レッドストーン … 29
・レッドストーントーチ … 15
・レッドストーンリピーター … 27
・レッドストーンコンパレーター … 7
・レッドストーンランプ … 6
・ドロッパー … 12
・ボタン … 7
・鉄のドア … 1
・感圧板 … 1


複数の正解ボタンを押すと開く扉です。
いろいろなギミック扉の中でもかなり王道でオーソドックスなものだと思います。

回路的には、ドロッパーラッチにワンボタンでリセット機能をつけたものに、ANDゲートで指定のボタン以外を押すと通過できないようにしたものです。
andpass.png

実際にこれを作って試してみたらわかりますが、トーチが付いている場所のレバーをONにする事によって、全てのトーチをOFFにする事ができたらANDゲートを通過するわけですが、それ以外がONになってしまっていても通過してくれないところがポイントです。
これで、パスワードの成否を判断しているわけですね。

通過した正解のON信号は、そのままドロッパーラッチをリセットしつつ、扉を開けたままにしておくための別のラッチ回路へと繋がっており、そこでON信号を保持します。
扉の先の感圧板のみ、そのラッチ回路をOFFにして扉を閉める事が可能、というわけです。

  1. 2015/03/19(木) 22:43:03|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2マスのピストンフェンスゲート



■材料
・レッドストーン … 25
・レッドストーントーチ … 1
・レッドストーンリピーター … 6
・粘着ピストン … 6
・感圧板 … 4
・フェンス … 2
・ハーフブロック … 2

2マス分のフェンスゲートです。
回路を隠して整える際に、パウダーを切断してしまわないようにハーフブロックを使っていますので、そこは注意して下さい。

ABBA回路にダブルピストンパルサーを接続しているだけです。
左上のリピーターがA出力、右のパウダーがB出力です。
abba.png

Aに接続しているのが、このダブルピストンパルサーです。
入力があると、ONになった時にパルスを1回、OFFになった時にもパルスを1回出力します。
wpulse.png

このパルスは1tickなので、粘着ピストンの引き剥がしが起こります。
つまり、OFF→ON時に引き剥がし、ON→OFF時にはその引き剥がしたものを吸着して引っ張ります。

この引き剥がした間にBが動き、ブロックが間に入ります。
そしてブロックがどいたら引っ張るわけです。
これで、通常時は粘着ピストンの接着面が見えないようになっているというわけですね。

  1. 2015/03/19(木) 22:28:41|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2×2 ガラスの自動ドア



■材料
・レッドストーン … 17
・レッドストーントーチ … 5
・レッドストーンリピーター … 12
・レッドストーンコンパレーター … 2
・粘着ピストン … 6
・ピストン … 4
・ドロッパー … 2
・ガラス … 4
・ハーフブロック … 3
・感圧板 … 4


スライド式の2×2サイズのガラスの自動ドアです。
粘着ピストンの接着面が見えないようになっています。

今回の一番の重要な回路はこれ。
dabpiston.png

重なった粘着ピストンを伸ばして戻す装置。
ボタンが2つ付いてますが、どちらもINPUTです。

簡単に回路を説明してしまうと、これにT-FFをつけて交互に信号を送り、その信号をピストンパルサーに繋ぎ、遅延回路で調節したものです。

本当にT-FFは毎回のように出てきていますが、ほとんどが応用や使いまわしの組み合わせで作っているわけです。
それだけT-FFが有用で使いやすいという事でもありますが。

  1. 2015/03/19(木) 21:54:20|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自動8個補充かまど



■材料
・レッドストーン … 3
・レッドストーントーチ … 3
・レッドストーンコンパレーター … 3
・ドロッパー … 5
・ホッパー … 2
・チェスト … 2
・かまど … 1


燃料が無駄にならないように、8個ずつ自動的に補充されるように調節したかまどです。

トーチが焼ききれる動作というものは、8回クロックして止まります。
そして、トーチがBUD化し、周囲の変化によって再度起動します。
これを利用してみました。
これで、ドロッパーからアイテムを8個排出します。
eightpulsebud.png

次に、8個アイテムを精錬したという事をカウントするための装置。
ドロッパー型カウンターです。
以前メモリ回路ver2というものを作って、エンチャントテーブルセットの動画を上げましたが、それよりも性能が良く小型化されています。
droppercounter01.png
droppercounter02.png

相互ドロッパーが2つあり、下のドロッパー内のアイテムが全て隣に移動すると、コンパレーターによって上の相互ドロッパーの中身が移動します。
それによって、クロック回路が起動して下の相互ドロッパーの中も戻るというわけですね。

  1. 2015/03/19(木) 21:39:53|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



■材料
・レッドストーン … 1
・レッドストーントーチ … 2
・レッドストーンリピーター … 5
・レッドストーンコンパレーター … 3
・レッドストーンブロック … 1
・ピストン … 2
・粘着ピストン … 1
・ドロッパー … 3
・ホッパー … 6
・レール … 2
・ホッパー付きトロッコ … 2


完全に平面の状態でアイテムを出し入れするシステムです。
作った本人が場所を見失ってしまうかも?
出てくるところに普通にチェストを設置したり、入れる場所を変えてみたりと、いろいろとアレンジもできると思います。

以前作った、アイテムセキュリティチェストの改造版ですね。
あちらはトリプルドロッパー排出機構にT-FFを繋げたものですが、こちらはトリプルドロッパー排出機構にラッチ回路を組み込んだものですね。

そして、アイテムを吸う部分にホッパートロッコを使い、1マス上のアイテムも吸う事が出来る仕様を使っています。
hiddenchest.png

この時はスイカの自動回収の装置についてうまく動作しないというコメントを頂いていて、やたらとホッパートロッコについて触れる機会があって、そのおかげで浮かんだアイデアだったので、コメントして頂いた方々には感謝しています。

他にもいろいろ応用利きそうなので、覚えておくと便利かもしれません。

  1. 2015/03/19(木) 21:05:13|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開けっ放し鉄扉



■材料
・レッドストーン … 2
・レッドストーンコンパレーター … 1
・ドロッパー … 2
・鉄のドア … 1
・ボタン … 1
・感圧板 … 1


鉄の扉をボタンで開ける時、閉まってしまう前に急いで通過しようとして、ひっかかったりして失敗したりしていませんか?
通過するまで閉まらずに待っていてくれる鉄の扉です。

回路はたったのこれだけ。
dropperlatch.png

ドロッパーラッチでON(開いた事)を保持し、感圧板でOFFにする、という単純機構。
以前作った、両開きタイプもドロッパーラッチにする事で、もうちょっと小型化できるかもしれないですね。

  1. 2015/03/19(木) 20:53:07|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジタル時計




割と作りやすいデジタル時計です。
ホッパー型カウンター回路に長周期クロックを接続し、それをデコーダーで表示させたものです。

長周期クロックです。
longclock.png

ピストンは粘着ピストンです。
この相互ホッパーにアイテムを75個入れれば、30秒に一回ピストンが動きます。
つまり、往復で1分を計測できるわけですね。

これをカウンター回路に繋げるわけです。
hoppercounter.png

ホッパーカウンターです。
ON信号がホッパーに乗っているため、中のアイテムが移動しません。
これを一瞬だけOFFにする事によって、中のアイテムが一つ隣のホッパーに移動します。
これをコンパレーターで検出する事によるカウンターというわけですね。

大まかな心臓部分はたったのこれだけ。
あとはこれをデコーダーで表示させたり、おまけでリセット機能をつけてあるというだけです。

大きい回路なので難しそうに見えますが、意外と作りやすいと思います。

  1. 2015/03/19(木) 20:45:25|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイテムセキュリティチェスト



■材料
・レッドストーン … 5
・レッドストーントーチ … 3
・レッドストーンリピーター … 3
・レッドストーンコンパレーター … 3
・ドロッパー … 5
・ホッパー … 5
・チェスト … 4
・トラップチェスト … 1


盗まれたくないアイテムだけ別に保管しておき、取り出したい時にはチェスト内に出現させられるチェストです。

※注意点
チェストの下にあるスペースにブロックを置く場合は、ハーフブロックや階段ブロック等の、透過ブロックを置いてください。
不透過ブロックだとON信号が伝わってしまって、ホッパーが流れなくなってしまうみたいです。

とっても簡単な機構で、ドロッパー排出機構にT-FFを繋げただけです。
tripledropper.png

上にトーチが刺さっていますが、これで3つのドロッパーが起動します。
一番下のドロッパーにアイテムが入れば、一番上まで上昇して排出されるわけですね。

  1. 2015/03/19(木) 20:31:57|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

二段押し上げ式 門扉




二段押し上げ式の門扉です。
今回は幅5の門で作っていますが、好みのサイズに増減しても大丈夫です。

動画上げてから思ったんだけど、どちら側からも開閉できるタイプにすればよかったかなと。
じゃないと、T-FF使ってる意味がちょっと薄れるよね。
レバーでいいじゃん的な。

というわけで、わかりにくいかもしれないけど画像で解説してみます。

動画内のT-FFとは違う、このタイプを使います。
このタイプは、両面からINPUT出来て、なおかつ後ろからOUTPUTできるので、両面からONOFF切り替えしたい場合には重宝します。
ドロッパーが上下お互いの向きに合わさっていて、中にアイテムが1つ入っています。
dt-fftipe2.png

こんな感じで、両側からINPUTを受け付けます。
ボタンは見やすいように上に設置していますが、実際は壁の向こう側です。
gatewtff01.png

上への接続はこうなります。
OUTPUTから直接ピストンパルサーへ繋ぎます。
gatewtff02.png

下への接続はこうなります。
OUTPUTにトーチをつけて、一回NOTを挟みます。
そこからピストンパルサーに接続していますね。
gatewtff03.png

つまり、T-FFがONになるとピストンパルサーが伸びきった状態になって、下へパルスが流れます。
同時に、上のピストンパルサーは伸びたままの状態から伸びていない状態に戻ります。

T-FFがOFFになると、片方はNOTを挟んでいるので、その逆が起きます。

ボタンを押す毎に、上へパルス、下へパルス、上へパルス、下へパルス、という動きをしているわけですね。

  1. 2015/03/07(土) 10:00:53|
  2. Minecraft
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

4iD

Author:4iD
4iDと書いて「シド」と読みます!
Twitter @teamgamemode

最新記事

カテゴリ

Minecraft (56)
AVA (56)
BLACK SCENT (10)
AIRPLANE (3)
ASLAN (10)
DUAL SIGHT (6)
HAMMER BLOW (3)
FOX HUNTING (3)
CANNON (2)
INDIA (4)
RADAR (13)
FACTORY (2)
その他 (0)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

advertisement

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。